サハラな気分で世渡り上手 » 転居 » 引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらった

引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらった

読了までの目安時間:約 16分

引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、引っかかったことがありました。実は、液晶テレビを運ぶのには個別の保険をかけることになっているそうです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入時に30万円以上したものは、運搬の際に保険をかける決まりになっていると言われました。言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかいまだによくわかりません。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しましょう。日常的に使うものをのぞき、大体の用途で分けた上でさくさくと梱包していきます。何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷解きの順番を考えられます。いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きは日程を考え、計画的に取りかかりましょう。引っ越しの際の挨拶についてお悩みの方も多いようですが、元の家や引っ越し先の隣人に対してしっかりと挨拶をしておいた方が今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。実際問題、挨拶を欠かしたために関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣近所の住人には、積極的にきちんと挨拶に伺った方が好印象でしょう。引っ越しにまつわる困り事といえば、エアコンの扱いもよく挙げられます。ただ賃貸住宅の場合、退去時に、物件を管理する人を探して部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか聞いてみるのが良いです。管理する人の立場からすると、次の住人がすぐに使えるのであまりに古い型だったりしなければ、要望が通ることも有り得るのです。そうやってエアコンを置いていくことができれば取り外しの工事費がかからなくなり、少しコストを削ることができますね。引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、考えていくべきでしょう。現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、転居後も固定電話が必要となれば、転居後の回線利用を確保するための作業が欠かせません。手続きがもたもたしていると電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しを決めたらできるだけ早めに移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。住居を変えると、その度にどうしても不用品が出てきますが、こういったものをいくつかの引っ越し業者が買い取るサービスをしており、かなりの人気があります。大きな家具やゴルフ道具一式、ブランド品の数々や、それからソファーとかの応接セットなど、転居によって出る不用品と言えば、多種多様です。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている業者を選んで利用すると、専門の買取業者顔負けの査定をしてくれることもありますし、いろんな種類を受け付けてくれ、どこか他の買取先を探す手間がかかりません。よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。部屋の階数、荷物の個数、更に、作業をする人員の数などによって甚だしく異なってくるからです。そのことを踏まえ、かなりざっくり言うなら、荷物も少ない単身の引っ越しだと30分弱、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば大方2時間ちょっとで、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。いよいよ引っ越しという時に、エアコンの扱いについて何も決められずにいる、などというような困った状態に陥ってはいませんか?自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、引っ越しの日に業者に頼めばいいのか、それはそれとして、新居での取付工事はどこに任せたらよいのか、などというように、不明点が多いので、延々考えあぐねることになります。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。引っ越しをして住所が変わりますと免許証の住所変更は、なるべく早めに手続きしておく方が良いです。「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、次回の免許更新の日を迎える時まで現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。ですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。例を挙げると、携帯電話の申し込みだったり、機種変更の際に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。また、新しく口座を作ったりする時も本人確認書類は必要です。住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、ケガの可能性が高くなります。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を準備することが大事です。作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に今のアパートへの引っ越しをしました。初めは3年くらいのつもりで後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、ずるずると居続けてしまい、この土地で結婚しても良いかと思うようになり、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの会社を決めましょう。正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、それはちょっとできない、という場合はおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでもあてはまるプランを示してもらえます。他の業者はいくらだったというとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。時間が許せば5社くらいから見積もりをとるといいでしょう。引っ越しをして、住所が変更された場合、早めに国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。資格喪失の手続きは古い方の住所で行い、引っ越した先の住所で加入手続きはしなくてはなりません。国民健康保険証と、印鑑と加えて、運転免許証など本人確認書類を用意して手続きに行きましょう。同じ市内での転居であっても提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の車も住所変更届が必要になりますが、そこでナンバープレートも変わるのかどうか気がかりだと思います。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。引っ越す前も後も、同じ陸運局の管轄であればナンバーは変わらなくなります。管轄が異なる地域であれば、変更は強制的に行われます。あこがれの年金生活ではありますが、日常生活そのものが一変します。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、退職して年金生活になれば、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合はおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも良いのではないでしょうか。よく知られているように、引っ越しの総費用というのは多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。あまり無駄な費用をかけたくないのであれば、業者の選択についても少し慎重になった方が良いかもしれません。費用は、例え距離と荷物の数が同じであったとしても会社により、料金が変わってくることがあります。引っ越し料金一括見積サイトの存在が、業者ごとの料金を知りたい時には役に立ちそうです。サイトを訪問して必要事項を打ち込み、申し込みをするだけでいくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられ重宝します。専門会社の引っ越しでは、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。費用の問題で、荷物の全てまたは一部について自分で荷造りする契約であれば普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。引っ越し当日は、作業の流れについて業者が仕切ってくれると考えてください。引っ越しの日取りが大体確定したら、次はぜひ簡単に、自分の引っ越しの日までの、作業プランを作っておくと役に立ちます。荷物の梱包などを極端に早く開始すると普通の生活を送る上で、困ることになるかもしれませんし、ゆっくりのんびりし過ぎるとギリギリになっても引っ越し作業が終わらない、とう事態にもなり兼ねません。まず手をつけていきたいのは、今使っていない本や道具、衣類などで、これらから最初にパッケージしていけばうまくいくでしょう。引っ越し作業に最も影響を及ぼすのがお天気です。どういうことかというと、激しい降雨などがあると、防水の徹底など、作業が増えて時間がかかってしまうでしょう。梱包作業を業者に一任しているのであれば、荷物がびしょ濡れになってしまうなどの心配は不要ですが、雨天時の道路事情により荷物の到着が遅れたりする等のトラブルは考えられます。会社スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、防水対策は必要です。万が一のことも考えて備えておくと良いでしょう。転居の際、必要な作業は様々です。そんな中でいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、業者にもよるものの、梱包作業も会社のサービスとして行ってくれるプランやコースがあります。こういった場合でしたらなるべく作業員にしてもらった方が良いかもしれません。作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、なんらかの事故が起こってしまった時に責任は作業をした業者にあるとして損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。ちょっと大手の引っ越し会社に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。それらが、自分で作った陶器だったため、とてもショックを受けてしまいました。ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。ですがこれ以降、大事なものや壊れやすいものは、自力で運ぶことにしました。転居するのが好き、という方でなければ、人生の中でも、引っ越しというのは生活が大きく変わるきっかけでしょうが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも十分考えられるのです。引っ越し当日は特に忙しいものですが、多くのことを同時にこなそうとし、どこかでトラブルが発生すると、予定が大きく狂ってしまい、引っ越しが上手くいかないことも考えられます。当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。新居に入った日、夕方、部屋の電気をつけて、「これからここで生活するんだ」と実感がわきました。その後、思い切って奮発し、特別なごちそうとしてピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきて引っ越しのお祝いをしました。まだ残っている片付けもがんばります。忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、不要品は必ず出てきます。様々なものを処分するのは大変です。ここで調べる価値があるのは不要品引き取りサービスを引っ越し会社が行っていることです。一部のものは、引っ越し業者が粗大ゴミにすれば処分にお金がかかるものをリサイクルなどの扱いで無料で持って行ってくれることも結構あるので引っ越し業者に聞いてみてください。住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、契約を問題なく完了させるために印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということはまったく、知らずにおりました。以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、違う市から転入することになる今回の場合は、新居のある市の役所などに行って印鑑の登録も新たにすることになっています。印鑑証明が必要、とわかってからすぐさま登録に出かけるはめになり当時は結構うろたえました。近年においては、一般的な話ではなくなってきてしまいましたが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった習慣がかつてはあったのです。由来を見てみますと、ソバということで細く長いお付き合いをしたいという願いを込めたのと、名称から「ソバ」に引っ越してきましたからよろしくお願いします等という洒落っ気も込めて新しいご近所さんたちに振る舞われたり、配られたりしたとされています。今日においても、引っ越し時の挨拶は今後の生活を快適に過ごすためにも欠かすことが出来ません。贈答品については、のし付けで悩む方も多いのではないでしょうか。あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、外のしを使うのが一般的ですね。表書きはご御挨拶で、下には自分の苗字を記名すれば引っ越しの挨拶として相応しいものになるでしょう。忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。結構見落とされることが多く、荷物も人も移転しているのに、インターネットが使えなくて青ざめる、ということになりかねません。年度替わりの時期には、数週間待たないと工事ができないということもありますので、引っ越しの日をプロバイダーに伝えることは一日でも早く行うべきです。新居を建てて、数年前に引っ越ししたときに、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよういろいろな手立てを考えました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真のデータがパソコンのドライブに全て収まっていました。業者さんに運んでもらうとき、万が一のことがないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたためデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。中でも特に重要度の高いものとしてはやはり、自動車関連でしょう。免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが本人確認書類としてよく使われているということもあって、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、車庫証明の登録をし直すことを、うっかり忘れる人は多いのです。これについても警察署で手続きができますので、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。これで手間が省けるのではないでしょうか。
大阪市浪速区 引越し 見積もり

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報