サハラな気分で世渡り上手 » 引っ越し » 引っ越しを契機に変わったこと

引っ越しを契機に変わったこと

読了までの目安時間:約 16分

引っ越しを契機としてテレビでNHKを見ることがなくなったなど、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKが受信できないことを証明しなければならず、かなり面倒なことになると思ってください。また、受信料を口座引き落としにしていると、解約の手続きが全て終わるまでは全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、決めたら少しでも早く、手続きに取りかかってください。この町の会社に勤めはじめた10年前に、今のアパートに引っ越すことになりました。引っ越してきたときは、3年くらいで実家の近くに転職したかったので住民票は動かしませんでした。けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞められる区切りがつかず、ここで結婚する可能性も高くなってきたし、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、今さらですが、住民票を動かしたいのです。引っ越し先がごく近距離であれば業者を全く使わないで、引っ越しをすることもできます。方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ転居先に運びこみましょう。少しずつでも時間をかけますので自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。こうすると、引っ越し費用はかなりコストカットできるでしょう。引っ越しプランは人それぞれながら、全てを業者にお任せするという人も最近では多いようです。しかしそうであっても、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、作業を、なるべく近くで見守りましょう。もしも、業者の人が大きな荷物を運んでいる間に傷を作ったり壊したり、といったことになると、業者は、約款により補償を行わないといけません。ただし、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と確認できないと、補償がおりないこともあります。面倒な引っ越し作業に時間を使いたくないという方は、アート引越センターに作業を依頼すると、予定通りに終わらせることができます。梱包用の段ボールや家具の運送など、引っ越し作業を支援してくれます。重たくて大変な家具や荷物の運搬もきちんと対応してくれますから安心ですし、滞りなく新居へ移ることが出来るでしょう。引っ越しの最盛期と言えば、一般的に春や秋になると思います。この季節は就職や転職、大学入学といったイベントが多いことが主な理由です。引っ越しは大変面倒臭いものだとよく聞くのですが、どうやら煩わしい手続きが重なるということが主な要因となっているようです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、転居元、転居先どちらにおいても欠かせない手続きが多いので、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。最近、引っ越ししました。準備をしているときになかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、新居に持っていく気にならないものばかりで呆れかえりました。特に服は何年も着ていないものばかりでした。引っ越しが良い機会になって仕分けして処分することになり、荷物も私の心も整理することができました。お店などで、何かをしてもらったタイミングでいくらか包む、いわゆるチップの習慣は日本にはありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。素早く丁寧に、引っ越し作業をこなしてくれるスタッフ達に感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業をする方からすると、もらえるのはやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。誰でも、引っ越したなら、いろいろな方面に届け出ますが引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を把握しなくてはなりません。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。夫婦二人で暮らしていた頃に新築のマンションを買ったので、引っ越しが決まりました。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。見積もりをもらった時にでもどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。自営業をはじめとする、国民年金加入者が転居しますと、加入者なら持っているはずの、国民年金手帳の住所を変更する手続きを行なう必要があります。それも期限があり、14日以内に、引っ越し先の市町村にて住所変更手続きをしてしまいましょう。手続きに必要なものは、国民年金手帳と、印鑑です。何かの事情で、本人が出向けない場合、記入漏れのない委任状が出せれば本人の代理人が、手続き出来るようになりますので、ご参考までに。お天気の状態によって、引っ越し作業の効率は変わり、特に雨天時には、雨天用の梱包をする必要が出てきますし、足元が悪くなって運搬も注意深くなります。梱包をはじめとして、業者に全てお任せのコースを利用しているなら、荷物が水浸しになるような心配は要らないのですが、道路事情が雨で悪くなったりすることで転居先に荷物が届く時間が遅れ、終了時間がずれ込むことはあり得ます。業者スタッフに任せず、自分で荷物の梱包を行なうのなら、濡らしてはいけないものはビニールで包む、などの対策はしておきます。予想外の急激な雨にも対応できるよう天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。うちの家は、人数は多いし、荷物も大変な量になりますから、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。そして、毎度ながら迷うのですが、いつどこで心付けを渡すべきなのでしょうか。正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、大変な作業を長時間続けてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。私の場合、ペットボトルを作業してくれた全員に一本ずつ、それと各人に千円ほどを手渡しておりますが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は大きい家具の移動は業者に依頼しましたが、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に転入届を出しに行きました。いろいろなハプニングもありましたが、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。厚手のコートやスーツ類、普段ハンガーにかけてしまってある衣類の梱包をする際は引っ越し業者からレンタル可能な衣装ケースが存在しますから、これを用いると衣服をスピーディに梱包できるようになります。通常のダンボールを利用するとたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると衣服をハンガーごとケースにかけていくことで、荷造りを済ませることができます。転居先に着いたら、ケースから取り出してダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。住民票の移動と連動する手続きの中で大事なのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を出した上で、必要事項を書いて出せばすぐ変更できます。新居に引っ越し荷物を運んでくる時に設置の場所やその周りなどに、少し注意したい家電と言うとやはり、洗濯機です。毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、近くに水道のある所に置かれるはずです。洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、また、排水溝のトラブルで簡単に水漏れが起こる可能性も考えられ、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をしっかり行うようにします。転居の際、必要な作業は様々です。そんな中で自分で荷物を梱包して準備を済ませてしまう人も、大勢いらっしゃるようではありますが、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包をサービスの一つとして提示されています。こういった場合でしたら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。やはりプロですから作業は早くて、荷物の扱いに慣れていますし、荷物に何かがあったとしても責任は作業をした業者にあるとして弁償するケースもあるためです。我が家では今、ドラム式洗濯機を使用しています。少し前に転勤により、引っ越しをしました。引っ越してきた日、荷物が届けられましたが、濡れているダンボールを発見しすぐに業者に電話をしました。どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かずそれが漏れて出てきて、箱を濡らし、そんな状態で荷台に載せてきてしまった、ということでしょう。他の荷物に水が染みた、というようなこともなく、大した実害もなかったのですが、洗濯機のホースから水を抜いておく、ということは思いつきませんでしたし今度からはぜひ気を付けたいです。引っ越しは一つの転機であり、ライフスタイルに関わる様々なことを再点検するでしょうが、このまま続けてNHK受信料を払うかという点も考えるきっかけになります。まして、引っ越すときにテレビを処分するのなら受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、口座からの引き落としやカード払いならばそれを解除し、NHKに解約手続きを申し込むと生活費の節約につながります。私たち一家の引っ越しの時は当時1歳になる子供がいました。1歳児とはいえ環境が変わったことを感じ取って少しストレスを感じていたようです。子供のものも知らぬ間に増えていたので片端から仕分けて捨てることになりました。いろいろ片付けていて母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。引っ越しに関しては、計画通り作業をすすめていくことも大切ではありますが、最も大切なことと言えば出費を抑えることです。引っ越しの準備には何かと物入りになって、推定していた予算を超えることだって多いのです。安くてサービスの良い業者を見付けられるかがカギになりますから、引っ越し業者の一括見積サイトを利用するのが良いでしょう。引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。ですから、取り付け費用も、一台について一万円くらいはかかるのが普通です。もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合はそれ程高額にはなりません。でも、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどよく考えてから、判断しましょう。大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。うっかりぶつけて壊してしまった、なんていう状況は最悪ですから、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。転勤が多く、引っ越し経験は多い方ですが、引っ越し作業は業者と一緒に行なうようにしていますが、今まで一度も、荷物を荒く扱う業者に当たったことはなかったです。万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせずプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから何より大切だと言えます。水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からが都合がいいかというと、転居当日に近づくと、何しろ忙しくなってまうので避けます。そして少し余裕を見つつ、転居当日の一週間程前の辺りに使用できるようにしておけば、それで良いと思われます。業者に依頼した場合の引っ越し費用は、たとえ全く同じ引っ越しだったとしてもいつ引っ越すかによって大きく変わります。年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため大半の業者は費用を高目に設定しています。このことから、できる限り繁忙期を外して引っ越しできればいろいろな意味でお得になってきます。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、経験を重ねてきた者として、一つ言っておきたいです。忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの陶器類が小さく欠けておりました。それが実は自作の皿で、大事にしてきたものでしたら、ショックは大きかったです。といっても、高い物ではなかったので、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。仕方のないことですが、最近、マンションやアパートでどんな人が隣に住んでいるのか、それさえはっきりしなくても何とかなるというのが当然と思う人が増えています。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は必要だと言えます。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に伺うことは、当たり前ですが大切です。引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば生活の様々な点で変化が起こりどうしてもお金がかかるものです。引っ越し作業を業者に依頼するとしても無駄なお金は使いたくありません。予算で悩んでいる方は、業者の割引サービスが使えるかどうか、検討してみるのが一番いいでしょう。割引サービスがある場合、その条件として普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで基本料金から安くしてくれることが多いためできることなら、そこをねらって引っ越しできるようにしていきましょう。一般的に、引っ越しする上での挨拶は近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても欠かすことが出来ません。挨拶には贈答品も必要になりますが、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方もいると思います。あまり堅苦しいのもお互い気詰まりになりますし、外のしを選ぶようにしましょう。表書きにはご挨拶、のし下には自分の苗字を記名するように指定すれば引っ越し挨拶の贈答品として十分だと思います。
盛岡市 引っ越し 見積もり

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報